理由・好き

  08, 2009 23:59
アジアンな部屋にしたいと言いつつ、ずっとなんとなく中途半端な雰囲気のままだったのは、
家具に対してある程度の利便性を求めた上で、
それから好きなテイストをのっける、という
アバウトなこだわり方のせいだ。

収納が一切ない部屋なので、どうしても
利便性というか収納力などを一番に持ってきていたが、
結婚してるでも、子供がいるでもなし、
自分勝手でいいのだ、もっと感性優先で行こうと決めた。

不便でいい。
導線はきちんと作るが、
雰囲気、質感を最優先で部屋の改造を計画。

精神的にあたしを助ける部屋。


「収納しきれなければ捨てる」そういう覚悟で。

うっ…書いてみたもののまだ少し緊張するが、
マジで追求してやろうと思う。


友人からインテリアの本など借りてくる。

かわいい部屋!

この写真の部屋は、
あたしがそうしようとしているイメージではないが、
すごく素敵だと思う、
なんだかあたしっぽいと友人にも言われた部屋。

あたしもそう思う。
まず、明かりが楽しい。何か起こりそうな感じ。
椅子が楽しい。
向こうにまたソファがあるのも嬉しい。
小物も楽しい。
クリック&再クリックでさらに画像大きくなる。
携帯の待ち受けにした。
見る度に上がるし、同時に部屋改造計画が進行中だと自分に伝える。

0 Comments

Post a comment

What's New