革命、ひと月前

  25, 2008 05:08
まえかぶぎゅうにゅうやの主宰は、
東京オレンジで先輩だった牧山裕大。

この人の代わりになれる人などいない。
が、人としてまったく信用ならない。
ただ、信頼をしている。この人に飲み込まれたい。

公演は第一回からほぼ観ている。
が、たぶん理解できてない。
ただ、理解したい衝動は止まない。楽しみだすと止まらない。


この人のことを、牛乳やのことを、
決して一言では表せない。


牧山がいなければ絶対に存在し得ないところから始まり、
牧山以外の誰が欠けても完成し得ない場所を作り上げる。

代役など決してあり得なければ、稽古場以外では役作りさえもままならない。
あたしはあたしでなければいけなくて、
あなたはあなたでなければ、絶対に駄目だなんて当たり前のことが、
原点であり最終形、出発点であり延々と続く終着点なのだ。



そんなカブ・牛乳やの七回目の配達。
『革命前夜』、である。


あたし個人としてもこの台本は革命だったりする。

ラストシーンまで台本は上がっている。
正直、怖い。
牧山はなぜそんなに役者の、役者ではない部分をえぐりとるような台本を書くのか。
役者が、ただの人間であることを見せつけるしかできなくなるものを、
ただの感覚で書いてくるのだろうか。

まだ2日しか稽古していないとは思えないほどの密度。
牧山自身は静岡芸術劇場でのハムレット出演のためにまだ稽古場にいないのに、だ。
水曜からの牧山の合流で、きっと稽古場に最初の革命が起こる。


うーん、なんだかすっごく天才のような書き方をしたけど、
なんだかな、一言で言うと、結局、変態なんだよアイツ。

イカン、”決して一言では表せない”って書いたのに、一言で表せちゃった。


人間の中は矛盾であふれていて、
むしろそここそが燦然としている。



以下詳細。


カブ・牛乳や 七回目の配達

『革命前夜』



【作・演出】
牧山祐大

【タイムテーブル】
12/25(木) 19:30
12/26(金) 19:30
12/27(土) 15:30  /  19:30
12/28(日) 14:30  /  18:30

※受付は開演60分前から。 開場は開演30分前から。

【出演】    
  祥野獣一(獣劇隊)、廿浦裕介(少年社中)、
  八敷勝(Innocent Sphere)、平野卓、佐久間大器、
  牧山祐大
  セリ、蒻崎今日子(JACROW)、田中まこと、
  小野綾子、井上麻由子、津島わかな(天然果実)

【チケット】
  前売り 2400円
  当日  2600円
  未成年者割引 2000円(劇団のみ。要証明)

【劇場】
シアターシャイン
the way to the'theatre shine'←携帯でも見れる地図。
東京メトロ南阿佐ヶ谷駅より徒歩2分
JR阿佐ヶ谷駅より徒歩7分
東京都杉並区阿佐谷南1-15-15
03-5378-9125


チケットは
kamokamokyoko@yahoo.co.jpまで
件名を「チケット」にして送って下さいませ。

0 Comments

Post a comment

What's New