ペテカン『青春荘の人々2』撮影

  11, 2008 14:47
東京の劇団の登竜門、シアタートップス。

その楽屋にて。
tops-backstage room
ほんのつかの間、三十路たちのリラックスタイム。


・・・・・と、いうテーマでの写真に協力してくれた、ペテカンのお三方に感謝。

本田さんは何か飲んでいるようだが何も飲んじゃいないし
堀さんは何か食べてるようだが何も食っちゃいないし
濱田さんは誰かの話を聞いているようだがそんなことは一切ない。

みなさん、なんの要望も伝えてないのにこのナチュラル佇まい。
さすがの役者さんたち。

この写真1枚で、あたしもトップスで本番終えた、みたいな気持ちになれました。


へへっあたしはペテカンの撮影をしに来た、通りすがりのスタッフさんでい!


QUOIT仕事。
稽古場で通し観て、録画したビデオも観て、
あまつさえ前日に本番まで観せて貰った。

そして臨んだ撮影。
ハァ!
quoit cinematographer nyack
え?その格好で撮影したの?
おしゃれ着?
スタッフさんなのに黒い服じゃないの?
…と聞いてきたのは斎田吾朗だったか・・・


撮影前にけっこうな時間を取って…やっと撮影に臨む、
自分らでの打ち合わせも長く、どう考えても非効率なやり方だが、
その分作品に思い入れる、撮影も変わってくる。

ほんっと非効率だが、メンバー全員が役者という、うちららしいやり方なのだろう。


しかし役者だからこそ、というQUOITの特徴が、
裏方さんなのにオシャレ着を着ている、という現象を起こした。



まぁそのことは置いといて、

技術はまだまだ追っつかないところばかりだが(特にあたしは)、
今回の撮影は記録用ではなく、
れっきとした販売用DVDである。


この素敵な舞台が、
だれかのお気に入りの素敵なDVDになるように・・

これから、

キラキラと夢のようだが作業は地味な、
編集という魔法をかけられる。

撮影した身ながら、出来上がりが楽しみなのである。


ペテカン『青春荘2~梅雨の中休み~』は、今週日曜、15日の昼まで!
おもろいっす。ペテカン正メンバーだけの濃ゆい舞台。
なぜか数回目にして、そんな話でもないのに、撮影中ちょっと感動したりした。うるっと。あはっ

0 Comments

Post a comment

What's New