スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

look around the downtown

  18, 2007 16:30
オデカケ中ってことで、

mixiの写真を変えた。

1018カナダ旅行中


イヤッ!あたしったら!おっしゃれ~~!!!



今日はvancouverの中心地、downtownへ。


言い忘れていたが、カナダは今、雨季だ。

到着した途端に友人から「今から4月まで、雨。」と一言言われたときはちょっとびっくり。
今から4月までって、、、たまには止めよ!

実際他に会った人にも
「この時期に旅行なんて・・カナダの一年の中で一番最悪な季節だとアタシは思うわ。」
と言われた。

(前回も書いたが
会話はすべてあたしが『そう言っていたと思う』前提で、
しかも口調もあたしが捉えたニュアンスで書かれている。)


基本、毎日雨が降っている。
しかし傘をさすほどじゃない程度で、たまに止んだりとそういう感じ。

午前中は晴れ間があることが多いような気がするが、きっと一日、1㎜も降らないなんてことはなさそうだ。


初日に空港からバスで外を見ながら紅葉の美しい街だと思った。
カナダの国旗は伊達じゃあない。


ほんとはもっともっと綺麗な光景はたくさんあるのだが、
例えばただ、友人宅の前の道・・・
もう外苑前みたいな感じになってる。
1018家の前
だいたいの樹の背が高いのだ。
だから住宅街はずーっとオサレ。

もっとわかりやすい写真が撮れたらまた載せます。


ダウンタウンはrobson通りがメイン。
15時ごろ。
1018Robson&Granvill st.
そんなにたくさんは人いない。

住人や留学生はちょうど何かをしている時間だ。
んで雨季だから観光客もそんなにいない。

やっぱり街は、いや、世界は大体朝から動いてる。
昼ぐらいにモソモソしてちゃダメね。


ゴージャスにも日本の修学旅行生が居た。
男女数人のグループで歩いている。
通り過ぎる残り香に恋の色が見える。今、あんたたち、輝いてるよ!

あたしも・・・・共学で修学旅行行きたいよ!!!!!!


1018ダウンタウンの中
街を歩いていると、

もし♪
あの時が、古いレンガの街並に♪
染まる♪ことができて、いたら君を離さなかった


と歌い始めてしまう。
TMネットワークですね。

冬の日ざしをうける公園を横切って毎日の生活が始まる
時がとまったままの僕のこころを
二階建てのバスが追い越してゆく


たぶんロンドンとかなイメージだけど、
とりあえず外国のいい感じの街並に立てば、
あたしは一生この歌を口ずさんでしまうんだと思う。
めっちゃファンとかじゃなかったけど…三つ子の魂なんとかってやつ?


ダウンタウンに来たのは主に語学学校(ESL)を見学するため。

HPで予め調べていたところへ行こうと…する前に、偶然見つけたESLに入ってみると雰囲気がとてもよかった。
このESLを見たあとに何校か行ってみたが、この偶然の出会いの学校に決めそうな感じ。

そもそも2~3週間だけというのはESLに通うには短い。
だからどうしても割高にはなりやすい。
しかしその分交渉のしがいがある。
今思えばもっと交渉してみてもよかったかもしれない。


・・・などと考えつつ一息。
1018BLENZ_coffee

二階建ての~バスが~♪
ハッ、また歌ってしまった。
二階建てでもないバスを見て。
いや、ましてやバスでもない。バンだ。
さもしい…。もっと豊かに膨らませたいぜ。

タバコは15日の昼ぶり。
まぁどっちでもいい感じ。とりあえず寒めなのですぐ店内へ戻る。
もらったパンフレット(テーブル上)を抱えて。

washroomへ行くときは店員さんにカギをもらわないと入れない。
1018トイレのカギコップ
なぜかマグカップにつけられているカギ。うがい用か?
それともコーヒーショップとしてのキーホルダーなのか。

ちょっと面倒だが、新宿でもカギを渡される所はあった。
ここでは大体がそのようらしい。


・・とりあえず最初に見た学校が感覚的には惹かれるが一番高い。
こっそりディスカウントしてくれた学校とダブルスコアがついてる。

そんなわけでコーヒーを飲み終えたら最後にもう一度その学校へ行く。

「こんにちは、あたしのこと覚えてる?」
「もちのロンよ。どうだった?色々学校見た?」

「うん、いくつか見て…あたしはこの学校の雰囲気が好きだなぁって思って…でも…他と比べてここはすごく高いのよ…相談に乗ってくれないかしら?」

(ほんとはすごいカタコトだったが、気持ちの面ではこういう流れでしゃべったつもりだった)

「ん~コレをこうして、こう。あたしがあなたにできるのはこれくらいなんだけど、どう?」
「あら素敵な値段!あと少し考えて来ていい?」
「月曜入学だから明日返事もらえればいいわよ。それにしてもだいたいみんな学校を決めてから来る人が多いけど、あなたはそうしなかったのね?」
「到着の前の日に、小さいけれどひとつ舞台があって」
「それで時間がなかったのね!」

無理矢理でいいから英語を話さなきゃいけない場面に身を置く。
なるべくその機会を多くして。
それがここにきた目的だ。
悪くないわよ、あたし!

しかし月曜入学がほとんどで、
そのあたりをちゃんと調べていれば3週間は通えたものを。
まぁいいや。

明日から来てもいいと言ってくれたESLもあったが、
その他の条件に合わず諦めた。

もう一つ気になる学校のトライアルレッスンを明日受けさせてもらえることになったので、そこを受けてから、決めよう。


おそらくこのままの流れで行くと、
時間的猶予がすごくある前半と、
なんだかんだで、えーん時間がない~!と言う後半、
そういう旅行になりそうな気がする。



街に特殊メイクの店?が。
1018特殊メイクの店のショーウインドウ

さすが映画の都とも言われるvancouver。(最近知った)

1018叫ぶ女の人と子供とメガネ
左下にある↑軽いノリのメガネが気になる。

1018筋肉標本的メガネ
もはや筋肉だけとなり身に纏うものもない状態の彼もなぜかメガネだけは外さない。

もしかして・・・・よく見たらメガネ屋だったのかもしれない。
いや、ほんとにそうだったのかもしれない。
今度また通ったら見てみよう。
どこだったか忘れたけど。

もしも本当にメガネ屋だったらスゴイ。

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。