ミステリーファイトクラブvol.5『アリーナ海賊団の受難』

  29, 2014 20:43
LUCK-UMU(ラクウム) presents
ミステリーファイトクラブvol.5
『アリーナ海賊団の受難』

pirate_of_arena
とある海賊団を襲う最大の危機――。
果たして彼らは、仲間になりすました魔物を見つけだすことができるのか!?

◆日時:2014年7月5日(土)・6日(日)
各日15時START 19時START(計4ステージ)

(受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前です。
上演時間は約2時間を予定しています。
※ドリンクを飲みながらゆっくりお楽しみいただけます)

◆会場:ARENA下北沢
(下北沢駅南口より徒歩4分)
世田谷区北沢2-2-14 モアイ茶沢4F 

◆定員:各回36名

◆料金:前売2500円・当日2800円
(いずれも別途ワンドリンク500円)

◆出演
野口雄介(イカを呼ぶ!)
蒻崎今日子(JACROW/イカを呼ぶ!)
谷仲恵輔(JACROW)
服部ひろとし
永山盛平(タイガー/THE 黒帯)
杉木隆幸
前田花男(ゲイシャフジヤマNo.1)
主浜はるみ
井川花林

【INTRODUCTION】
イカロス・アリーナ率いるアリーナ海賊団は、島ひとつ見えぬ大海原で最大の危機を迎えようとしていた。
航海士サントスの些細なミスにより、決して近づいてはならない魔の海域・チャザーワトライアングルに舵をとってしまったのだ。

この海域では、かつていくつもの海賊船が沈められ、何人もの海賊たちが還らぬ人となっている。
かろうじて生還した海賊の話では、人間そっくりに化ける2人の魚人“シーウルフ”兄弟がクルーになりすまし、じわじわといたぶるように海賊たちを殺していくのだと言う。

知らぬ間に恐るべき海域に足を踏み入れたアリーナ海賊団に、魔の手が忍び寄る。
最初の犠牲者は戦闘員のジェロニモだった。
船内でジェロニモの遺体を発見したクルーたちは、その手口から自分たちが既にシーウルフ兄弟の毒牙にかかったことを知る。

残り9名の中に既に魚人が2人潜んでいることを確信したクルーたちは、かつてこの海域から生還した海賊が書き記した書物を手に、重苦しい団員会議を始める――。

“魔の海域におけるかすかな海の精霊の加護により、魚人を駆逐する方法がある。”

書物に記された嘘のような魚人対策を元に、アリーナ海賊団の面々はひとりずつ仲間を追放していくことを決意した。

果たしてアリーナ海賊団は魚人の手を逃れ魔の海域から生還することができるのか――。
それとも魚人の手によって無残にも全滅させられてしまうのか――。

四方を海に囲まれた絶望的な状況で、凄惨な犯人探しが幕を開ける。


※この設定はフィクションです。実在の人物や地名などとは関係がありません。


構成・演出・司会進行 仗桐安(RONNIE ROCKET)
ビジュアルデザイン 野口あきら
企画・製作 LUCK-UMU

【ご予約方法】
本イベントはEメールにてご予約を承ります。
luck.umu@gmail.com宛にメールをお送りください。

メールのタイトルに アリーナ海賊団予約 とご記入ください。
メールの本文には

お名前
お名前のふりがな
希望日時
希望枚数
当日ご連絡のつくお電話番号

をご記入ください。
LUCK-UMUからの予約完了メールが届いた時点でご予約完了となります。メール送信から3営業日を過ぎてもLUCK-UMUからのご返信がない場合、また、ご予約〆切期日が差し迫り、送信確認の連絡に緊急を要する場合は、お手数ではございますが、お電話にてお問い合わせください。

■お問い合わせ先■
luck.umu@gmail.com
080-3720-1169(ラクウム事務局)

pirate_of_arena_gyojinpirate_of_arena_uranaipirate_of_arena_hangyojin
人狼イベントに出演します。

4回目ですが、今回の設定は海賊団、ということで人狼でなく魚人。

ちなみに半魚人というのは
「占い師が見ると魚人、霊媒師が見ると人間」という人間側の存在。

これがいることでなかなか色々新しいバトルが生まれる。

人狼をやりつくした方も、人狼知らない人も楽しめる仕様にしておりますので、
お時間作っていただいてぜひ遊びにいらしてください。

0 Comments

Post a comment

What's New