十数年来のなみだ、、

  03, 2013 23:59
JACROW稽古場ブログを書きました。


言いたくはないのだけれど、
こないだ稽古場で泣いてしまった。

人の芝居で。
そんなこと、高校生以来だった。
劇場で、お客としてのなみだは、それは何度もある。

自分たちで作ってる芝居で泣くだなんて、
役づくりで感極まってとかじゃなくて、
人がやってる芝居の稽古を見て、
泣いてしまうだなんて、

なんとセンシティブで恥ずかしい私。

けれど感じてしまった。
人が話していることは、想いのほんの一部なのだと。
言葉にしきれないものを、みんなが抱えているということを。
その役としての、想いを。

これがいつでもどこでもできたら、間違いなく売れっ子だ。
そして観た人も、
誰もが芝居を観ることから抜け出すことなどできなくなるだろう。

ほんのさじ加減ひとつで、
気持ちの悪い、雰囲気だけの芝居になれる、
あやうさを抱えている。

お芝居はこわい。

だけど、十数年来、二十年近く振りのなみだ。

そんなことをさせた『カルデッド』、
来て辛い想いはするかもしれないが、
損はしない。

芝居とはなにか。
感じに来てほしい。

予約は以下より。
http://ticket.corich.jp/apply/45869/004/

お待ちしています。

0 Comments

Post a comment

What's New