スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄の結婚式

  31, 2013 12:15
昨日、実兄が結婚式。

人前式で、二人に誓いの言葉を言わせる立会人代表を、
新婦さんの弟さんと共に務めることになっており、
周りから、あんたは泣くだろうと言われていた。

しかし前日に兄夫婦に会ったのだが、全然泣きそうになどならなそうな雰囲気。

見てて感動してる分はいいが、誓いの言葉を問いかけているときは泣いてないほうがいい。

当日の朝、誓いの言葉を何度か一人で練習。
じわ。じわじわ。
な、なんだ目から汗が。
いかん、実感とかしちゃいかん。

しかし、『泣くかも!』と自覚すれば泣かずにいられるものだ。
感動の準備ができてるから。

『泣かないだろう』と思っていると、
不意に感動が来たときに、裸で体当たりする感じになり、
全然耐えられなくなってしまうのだ。

『これは泣くかもなぁ…』と思ったあたしは
安心して式場へ向かった。


リハーサル。

『新婦の○○さん、これから先、私の大事な兄、かづゆきが話すバカ話が、面白い時も、そうでないときも、笑ってくれることを誓いますか?』

これは二人が考えた誓いの言葉。

ちなみにその前に兄にはこう問いかけられる。

『新郎のかづゆきさん、これから先、私の大事な姉、○○の笑顔が曇ることのないよう、常に面白い話やおバカなエピソードなどで笑わせてくれることを誓いますか?』

実に兄夫婦らしい、いい誓いの言葉だ。

リハーサルに問題なし。

うん、これは大丈夫!泣かずに行ける!と思った…のがよくなかった。

つまり、朝『泣くかも!』となったはずなのに、
リハーサルで、『泣かないだろう』になってしまったってことは、、、

これすなわち本番でしっかり泣くことになる。


新婦の○○さん、これから先、私の大事な兄、ブブ!


泣いた瞬間に笑えた。


コホン、私の大事な兄、かづゆきが話すバカ話が、面白い時も、そうでないときもブブブ!


ダメだ。
はた目には爆笑を堪えているように見えていたかもしれないが、
実はすごい泣けている。


ここからは弟さんと掛け合いに。

『ではお二人に尋ねます』

『これから、どんな困難があろうとも』

『愛と誠実を忘れず』

『ともにお互いを思いやりィ!うぐっ!』

ここが限界だった。
兄には、『笑いが止まらなくなったのを泣くことでごまかした』と思われた。

列席のみなさんも温かく見守ってくれていて、
『わははは誓いの言葉面白いねー、って、妹、泣いとるんかーい!!』
という感じだった。
と、思う。

弟さんに、さっきのところから!とお願いし、
無事、最後の、

『温かい家庭を築いていくことを誓いますか?』

を、声を揃えて問いかけることができた。


兄の結婚式で、大役を務めることができて、とっても嬉しく思う。


お兄ちゃん、
誓いの言葉を忘れずに、温かい、笑いのたえない家庭を築いてね。

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。