ヒメモンステラの挿し木

  31, 2012 23:42
ヒメモンステラが成長して、
長くなってしまい、
折り曲げてしまった。

折り曲げたところが真っ黒に。
このままではまずい。

そこから切って挿し木することにした。

切ったすぐ上に、
“気根”と呼ばれる、
根っこのモトがあるので、
ここを埋めればうまいこと根が張るかもしれない。

埋めるにあたって、
横の茎もカット。



気根もなにもないほうも、
うまくいけば根が出ることもあるらしいので、
これも植える。

ちなみにそれがうまくいくかどうかの条件ははっきりとはわかってないらしい。

とりあえず愛をもって。

向きはイマイチだが、伸びればなんとかなるだろう。

水栽培ではなく、ハイドロカルチャー。

念のため、カットした部分に水苔をまきつけといた。

夏が終わる頃には、この子たちがどうなっているか、
わかるはず。

水を切らさず、かつ、水を腐らせないように、
毎日様子を見ている。

大きくなれよ。



Thanks for the encouragement.

0 Comments

Post a comment

What's New