スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RONNIE ROCKET Reading 「ともだちのそうしき」終了のお礼

  09, 2012 23:34
RONNIE ROCKET Reading 『ともだちのそうしき』終了いたしました。

たった1ステージだけの朗読でしたが、
関係者各位、行きたいと思っていたけどいけなかったお客様、今これを読んでくれている貴方、
そしてなによりご来場いただいたお客様。
みなさまのおかげで無事、終幕させていただくことができました。心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。


朗読をやったことがある人も観たことがある人も、思う、
「朗読って何がいいのか?」ってことが少しわかった。
気がする。

朗読の正しい形などない。
芝居が自由なように朗読も自由だ。

だから、それはいくつかある中の一つの解釈にすぎないという前提だが、
身体や目線などを、「世界をつくる」ことに使っていない分、
少し余裕があり、お客様のちょっとした感覚をすごく感じやすい。
そしてそれに応えるということがやりやすい。

手元に、台本の書かれたiPadを、私たちは持っていた。
それは道筋の書かれた地図のようなもので、
どこへ行ってしまっても戻れると思えるからか、
お客様が求めている横道にも気軽に行けるのだ。

もちろん読む台本の設定や世界観もあるから一概には言えない。

だけど少なくとも今回のあたしはそうで、
それも朗読のひとつの形だったのだろうと思う。

もちろんもっともっと挑戦したいことはあった。
お客様にあげるプレゼントをもっともっと用意したかった。

朗読も結局演劇の一つのスタイルにすぎない。
これができないあれがやりたいのにとコンプレックスばかりで芝居を続けているあたしにしてみれば
また芝居を続ける理由がひとつ増えた、というところだ。

もっともっと、次はこれを、今度はあんなふうに。
ひとつひとつ叶えながら。


自分自身も予想外の自分だった。
でもそれはやはり積み重ねた自分だった自覚はある。

それに対して、さらに予想以上のご好評をいただけたことを、
本当に嬉しく思う。


本当にありがとうございました。

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。