対談収録

  30, 2011 23:51
「日本の問題」PR動画で、JACROW中村暢明との対談収録のために
風琴工房の詩森ろばさんがいらっしゃった。

対談は正直、聞いててためになった。
うん、おもしろかった。
はやくアップされるといい。

その後、役者だけの座談会的な動画も収録したが、
社会派の主宰同士の対談に比べたらなんて稚拙だっただろうと今は反省しきり。
芝居にも日本の問題にも自殺諸々のテーマにも関係のない話を3つくらいしてしまった気がする。

稽古では設定を与えられ、おそらく10分ほどだっただろう時間の芝居を2つやったのだが、
設定の役が辛くて、、、辛かった。
それは凄く大切なことで、その設定の中の辛さにあっという間に身を置けたのは共演者たちのおかげなのだ。
つまり、ひとつの空気をきちんと塊にして舞台から渡せる芝居ができると予感させる稽古だった。
こんな辛い空気に身を置きに行くことを楽しみにできるなど、
ほんと役者ってやつの気が知れない、我ながら。

稽古後は月島のもんじゃでリフレッシュ。

本気のもんじゃ作りに汗だくで顔の筋肉もなくなる中村哲人。

明太もちチーズに牡蠣もんじゃ、そして肉とイカのジャンもんじゃ。

「おかめ」の牡蠣もんじゃからは一生離れられないわ!
あたしの激オススメもんじゃベスト3を喰らいプハーっと解散。

ちなみに追記すると、
下戸と貧乏役者しかいなかったので飲み物は水のみ!
安上がりだったZ。

これは いい日っていうんじゃないかしら。

2 Comments

いたみ  

おー!中村哲人さん!!
直接のお知り合いではないけれど、
俳優同士、「引き」の強さっていうか、素敵な俳優に出会える強さって大事だよね。
刺激し合い成長するもんだからなぁ……

2011/10/31 (Mon) 02:15 | REPLY |   

かものはし(蒻)  

⇒たみ

直接ではなくても知ってるの?へぇぇ!
あたしもまだ回数はそう多くはないんだけど、
けっこう早い段階ですごく感覚の合う人!ってお互い思ったよ。
うん、きっとお互いの芝居にも響きあえるといいなぁと思う!!

2011/10/31 (Mon) 21:20 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

What's New