スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマ2weeks

  30, 2011 21:06
「明けない夜」の中には旦那に頭を叩かれるシーンがあった。

頭を叩かれる。

実はこれが何故かすごく苦手だった。昔っから。
なんというか、すごく楽しい会話をしていても、
たとえばツッコミ的なノリで頭を叩かれた瞬間、
「キレそうになる」
もしくは
「何かが折れる」
そういう感じ。

「フリ」から「叩く」になって、
稽古場から数えて2週間くらいだろうか、
毎日叩かれ、本番には日に2度叩かれ、
正直、本当に疲れた。
叩いてる張本人の仗桐安を責めたことはない。
演出家に命じられてやっているのだから。

「何なんだろうね、何かトラウマがあるんだろうね。」
「そうですね…わかりませんが…なので・・・・・・・できたらやりたくないんですが…」
「まぁ頑張って慣れて。」

オニっ!
客演先だったら演出を変えてくれていただろうに、
自分の所属ってのは辛い。

しかし叩かれた後、あたしが自分を取り戻すまでみんなが
必要に応じて放っておいてくれたり、慰めてくれたりでありがたかった。

とりあえずそんなよくわからないトラウマ的な弱点。
頭なんて気軽にはたける。
だから知らない人は、仕方ない。
このことを知らない人に対しては、どうにか我慢して普通にする。
そして今後も付き合いが長くなりそうな相手なら、
「苦手なので頭は叩かないで」と頑張って伝える。

1度伝えた人に対してはキレる。
折れた姿を隠さない。
だけど、長い付き合いとか、よく叩くクセのあるような人にしか伝えてなかった。
やっぱりちょっと自分は変だと思っていたから。

でもそれは本当のことだったのだ。
もう本当にどうしようもないのだ。
初演の時は
おかしなことを言うやつだと思われてはいけない、と思ったのだかなんだか、
たしかひた隠しに頑張っていたような気がする。
でも今回は稽古場で「何かトラウマがあるんじゃない」と
言われ、そうかこれはそういうことなのかもしれない、
あっておかしなことじゃないのかも、
そしてそれが全員に知れたからには、自分が回復するために、
人目を気にせず居てももしかして許される?とこわごわ思った。
あ、自分のためだけの振舞いでも、今は構わない。
話しかけられても頭に入ってこないことをわかってもらうことができる。
涙が出てもそれはおかしなことじゃなかった。
いや、おかしなことなんだけれど、
そういうことって、あることなんだって、
向かい合うことをはじめてした。
だって本当のことだったから、それでよかった。

終わったから言えるが、本当に辛かった。

叩かれた直後は芝居に昇華させるしかないが、
余った分は共演者に慰めてもらい、
落ち着いたら演出家を憎むようにしていた。

だけど本当に辛かった。
苦手なの。本当に苦手。

それを言うまでこんなにダラダラと書いてしまうあたり、
まだやっぱり変なことだとは思っているんだろう。

気遣ってくれた関係者の皆様、ごめんなさいでした。ありがとう。
この場を借りてお礼を。


とりあえずトラウマ解消ガイド」というページを見つけたので今度目を通してみようと思う。

- 6 Comments

いぱ  

お疲れ様でした。

2011/08/31 (Wed) 04:19 | EDIT | REPLY |   

陽子  

こんにちは。今回はこちらへお邪魔致します。
社長さんが順子さんをどつく時 思い切りやっていらしたのに対し、奥さんの時は軽くやっていらしたのを観て、
「…愛か?」
と思っていたら、そっちの「愛」だったのですね。
今度蒻崎さんにお会いしました時は、ナデナデして差し上げたい、と思うのです。(失礼。)

2011/08/31 (Wed) 13:32 | REPLY |   

かものはし(蒻)  

⇒いぱ

お互いにね。
おつかれさまでした、ありがとう。

2011/08/31 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

かものはし(蒻)  

⇒陽子さま

なぁるほどぉぉぉ~~~
あれはですね、おそらくですが、
受け手のハマカワフミエちゃんが受けるのがウマいんですね。
周りが心配するほどなのに、
派手に見せている受け方をしているのですね~~~ググぅ。
それに比べてあたしは、、、、。
男の人からすれば本気ではないでしょうが、
女の人が叩かれるものにしては日常生活でも受けたことない位です。
それを・・・あたしがちゃんと派手に見せられないんですね~~~シクシク
ぜひナデナデしていただける時を楽しみにしております。
今されたいくらいですww

2011/08/31 (Wed) 23:24 | EDIT | REPLY |   

陽子  

⇒かものはし(蒻)・管理人さま

おぉ、こちらもなるほどー。
でも蒻崎さんのスパン!という乾いた感じの受け方も 妙にリアルで良かったのです。
(男女のケンカでああ殴られると、イラッ、と来ますよね・笑)

良い ご脚本(ほん)に 腕の立つ役者さん達が集まって、
それぞれが『動き』で事実を雄弁に語っている見せ場を創り出して
素敵な舞台が出来上がっていたのですね。
納得です。

お返事 ありがとうございました。

2011/09/01 (Thu) 00:55 | REPLY |   

かものはし(蒻)  

⇒陽子さま

リアルな受け方しかできないくらい
心に全っ然、隙間がない状況だったんです(汗)
あれを男女のケンカでほんとにやられたら絶対泣きます!
そしてモノを投げたりすると思いますww

嬉しいお言葉をありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
頑張ります!!

2011/09/02 (Fri) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。