「したごころ、手話版 」ゲスト出演

  27, 2011 17:01
今年2月から3月にかけて上演されたエビス駅前バープロデュース「したごころ、」が、
ろう俳優による全編手話版で上演されることになり、明日初日を迎える。

チケットは9ステージすべて売り切れ。

自分たちが「したごころ、」を上演した際も何ステージか手話通訳の回があり、
脚本家の米内山さんが全編手話通訳をし、
小劇場初であり、手話通訳の回を増やしてとリクエストをいただくほど、
需要の高いものだった。
この手話版の公演の席がすべて埋まるのも納得できる。

オリジナルの脚本にはない、短いシーンにゲスト出演させていただくことになった。

少し前に稽古場に遊びに行かせてもらって、
その稽古がすごく刺激的だったので、本番にも関わらせてもらえて嬉しい限り!

その稽古場の話はまた改めて。

7/30土曜日14時にゲスト出演してきます。

チケット売り切れなので、「やってるのね~」と思い出していただければ。

以下公演詳細。

廣川麻子プロデュース
誰でも楽しめる演劇づくり第一弾
「したごころ、手話版 」

【期間】
2011/07/28(木) ~ 2011/07/31(日)

7/28 19:30
7/29 13:00(託児)/19:00(声)/21:00
7/30 14:00(声)/18:00/20:00
7/31 13:00(託児)/17:00

【料金】2500円/28日はプレビュー公演・・・2200円

【会場】エビス駅前バー

【脚本】
米内山陽子

【演出】
金田一央紀

【出演】
今野真智子、大橋ひろえ(サインアートプロジェクト.アジアン)、雫境、砂田アトム(日本ろう者劇団)、有澤智子(日本ろう者劇団)、椎名しづこ(千葉ろう劇団九十九)、江副悟史(日本ろう者劇団)、牧野英玄(デフ・パペットシアター・ひとみ)
【声】大窪みこえ(WAHAHA本舗)、【声】伊丹孝利(宇宙食堂)


公式サイト
http://home.a07.itscom.net/dareen/sitagokoro.index.html

0 Comments

Post a comment

What's New