ルミネtheよしもと初体験

  09, 2010 21:00
夏の盛り、クーラーが故障した。

2010年の夏は異常と言われる暑さになった。

そんな時にクーラーから水漏れ。
金がないのでしばらくは雨漏りのように受け止めながら稼動させていたが限界。
その後どうにか自力で修理できないか画策していた。

7月。暑い。

マンションの屋上から熱気が降りてきて、
外のほうが俄然涼しい。

「クーラー 水漏れ 原因」
とググる指も汗でじっとりする7月だった。

そこに新聞やさんがやってきた。

「あっ!あぁっ・・・日本の方・・・ですよねっ?」

近所の食事処で「ライス・イズ・フリー」と
言われた時(blog内記事参照)のような
感じとはまた違う、
嬉しそうなトーンだった。

そりゃそうだろう。

ここは歌舞伎町だ。
新聞屋さんが新聞を取ってもらおうとしたって、
日本語が読めなかったり、
ホストの事務所だったりするのだから、
こんなところで女性の一人暮らしにブチ当たるとは、
それこそ地獄に仏と言ったところか。

新聞やさんのにーさんは
まさに仏を拝むようにあたしに懇願してきた。
3ヵ月でいいので!!!
おねぇさぁーん!助けてくださいっ!
と。

こんな土地で契約など取れるはずもなかろう、
即、根負けしたあたしは年末に3ヵ月契約してしまった。

「新聞やさんの勧誘に負けて契約したなう」
とtwitterでつぶやくと
「ばっかじゃない?そんなお金あるならクーラー直しなよ!!!」
と、ぐうの音も返せないほど至極当然なリプライが。

グーグル検索の文字を
「クーラー 修理 東京都」に変え、
新聞代で換算すると4ヵ月分程度の金額で直った。

ほんとにばっかだなぁ・・・。
そう思ったが、あたしにはひとつ楽しみがあった。

ルミネtheよしもとのチケットをもらったのだ。
おぉー初めてのよしもと。


まさかチケットを手に入れた経緯だけでこの記事が終わるとは。
あたしも思っていなかったことだ。
あたしってそういう女なの。
そのうちつづく。


Thanks for the encouragement.

0 Comments

Post a comment

What's New