スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳や「ドラゴンテイル2」

  22, 2010 00:31
6月の牛乳やの稽古に合流している。

「北と東の狭間」で初めてJACROWを観たという方も多く、
んじゃ続いて牛乳やの蒻崎を、と思って下さっている方、
(過去ご覧になったお客様に言っていただけるなら)
全く違うジャンルの蒻崎になりますのでご覚悟くださいませ。

前回は性同一性障害で男性の好きな「ヤヌス」。
縛ったり、棒を使ったり。

前々回は収容所の所長、男を責める「ボスざる」。
ローションを塗ったり、暴言を吐いたり。

今回は・・・地獄の住人の一人。

牛乳やは、演劇祭りだ。
演劇祭り。
台本と舞台が同じだと思うな。
体と声が同じだと思うな。

祥野獣一と前の本番の舞台の楽日が同じで、
合流と同時に今回のキャストが全員集合。
gyunyuya_dragontail2_allcast
もと東京オレンジのあたしが、
尊敬するオレンジ先輩2人と共演。
牧山祐大。金崎敬江。
敬意を込めてあえての呼び捨て!!!
向かい合います、あなたたちと。

あのころ、しっかりと向かい合う自信のなかったあたし。
今、1と1とで向かい合う。
負けては舞台が成り立たないのだから。


牛乳や公演詳細は以下


ドラゴンテイル2

6月10日(木)から13日(日)
下北沢 楽園


作・演出 牧山祐大
出演 金崎敬江、蒻崎今日子(JACROW)、佐藤まりこ、井上麻由子、吾妻由日、氏家綾乃、高森しのぶ、
祥野獣一、西山啓介、友松栄、佐野功、牧山祐大

schedule
10(木)
19:30~

11(金)
14:30~/19:30~

12(土)
14:30~/19:30~

13(日)
16:30~

ticket
前売り2800円 
※11(金)昼公演2200円 

>>チケット予約フォーム<<

タイトルが「2」になってるから
前作観てないとわからない?とお思いになる方がいらっしゃるようですが、
まったく関係ないっす。

**推薦コメント**

東京オレンジ主宰 横山仁一
牧山祐大は、実家は牛乳屋ですけど、実にいい俳優です(笑)
しかも若い時分は相当のいい男で
「堺雅人の次をいけるのはこの男だ!」とわたしに白羽の矢を立てさせた程です。
しかしながら牛乳やが配達する牛乳ならぬお芝居が、
手放しでおいしい?面白いか?と聞かれれば、残念ながら話は別です。
なぜなら彼の芝居は、
彼をその成長過程において名優たらしめるのに充分な
複雑で面白すぎる状況と登場人物達によって構成されているからです。
その後、彼は出演者達にそれを要求する術を持ったのかしら。祝10回公演!

ブラジリィー・アン・山田(ブラジル)
私が俳優なんてものを目指していた時、
この男の登場によって、その夢は断たれました。
それほどの男です。
俳優だけやってればそんな苦しみを味わわずに済んだものを、
書きたい演出したいとなにかの強迫観念に駆られて、胃を痛め続けながら、10回目。
“牛乳や”というファンシー(?)な名前に騙されてはいけません。
劇団名と芝居の内容はまったくといって関係ありません。
まあ、すごいってことだけは見れば、分かります。

宮城 聰(演出家/静岡県舞台芸術センター芸術総監督)

「次の芝居で、牧山君はどんな演技をしてくれるだろう?」
実はいまの僕にとって、これ以上楽しみなことはない。
「次の芝居で彼はどれぐらい体重を絞れるだろう?」
これもついでに楽しみにしている。
脂肪が付くのと反比例して、
あるいは演出がうまくなるのと反比例して、
演技者としての狂気を失っていく俳優は多い。
しかし牧山君は例外だ。
きっと、なにか大きなものに魅入られてしまっているのだろうと思う。
きっと、人生をその大きなものにもてあそばれているのだろう。
こうして、自分は幸せになれないが人を楽しませる種類の人間が出来上がる。
僕にとってこれ以上目の離せないことはないのだ。

** **

昔々、小さいころ、俺は死ぬことを恐れていた。
あの席に座っていたじいちゃんが棺の中で手を組んでいた。
店先でお茶を飲んでいたばあちゃんが風呂で倒れ、目を覚まさなかった。
ノストラダムスが人類の滅亡を予言した。
バイクで死んだ知り合いがその時、夢に現れた。
突然やってきてすべてを無に還す死というものは恐怖だった。

今はそれほど恐れてはいない。
もちろん死にたくはない。
ただ俺がたどった道のりは天国のキップを頂けるほど尊いものではなかった。
きっと地獄に行くだろう。

どうやら地獄は欲望の成れの果てを経験させてくれるらしい。
ならば地獄は生きている今となんら変わりがない。
その場所で俺は自ら命をたった恋人に出会うことができるだろう。
そして俺の欲望の成れの果ては今度こそ、
彼女の欲望を満たすに違いない。
いや満たさなきゃいけない。
だってそこは地獄なんだから。


>>チケット予約フォーム<<

牛乳や稽古場ブログ

Thanks for the encouragement.

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。