榛名で学んだこと

  19, 2010 23:59
先日、あやうく遭難しかけた日があったが、
その日あたしが学んだことはとても大きい。


伊香保から榛名湖への道でもうかなり積もり始めて
そこで先日記載した写真を撮った。
1266303543e2.jpg
序の口である。
このあと、とてもではないが「わだち」など1ミリもなくなり、
それと共に、写真など撮る余裕もなくなるのだ。

榛名湖は凍っており、そこの茶屋で、
目的地である榛名神社への道の様子を友人は聞いた。

「今日子、ここから先の道は上り下りがあって、
雪道だと危ないって、お店のおばちゃんが。」

それはあたしの友人の嘘だった。

本当はおばちゃんは
「ん~…どうだろうねぇ~」
という回答だったらしい。

それを、雪道が危険だから戻らせたい、と思った友人たちが一計を案じたのだ。

そしてあたしは友人の懇願にも似た想いに気づかず
その軽い嘘をスルー。
「大丈夫だよ!行こうよ!榛名神社!!!」


そしてその5分後、
ちょっとヤバいかも、とあたしは思っていた。
ブレーキはきかないし、ちょっと油断すればすぐ横滑り。
しかしどうにか榛名神社には到着。

「10分で戻るよ!!!」と友人の号令。

パワースポットの名に恥じぬその空気。
充満するパワーを猛ダッシュで満喫し吸収。
harunajinja
しかし時すでに遅し。

榛名神社のあとは伊香保に戻って水沢うどんと温泉!計画だったのだが、
伊香保には戻ることができなかった。

伊香保へ戻る山道。

でかい車が溝に落ちていた。

近所の人のようで、助けを求めに山道を下ってきていた。

が、あたしたちの車に助けを求めるそぶりはなかった。
練馬のわナンバーに用はない。そういうことらしい。
しかしあたしたちは用があった。

「道、どうですか?」
「いや、もうこの先は無理だよ。スタッドレス?」
「いえ、違うんですよ。」
「そう、じゃ四駆か。」
「・・・いや、四駆でもないんです・・・」
「えっ?・・はぁっ?・・・・じゃ・・ますます無理だよ!アレ、四駆でスタッドレスだよ?それでアレだからね。」

四駆でもなければスタッドレスも履いてない車が
群馬の雪山登ろうとしてんじゃねーよ!この観光客!

その通り。
スタッドレスがどれだけの威力か。
あたし自身試したことはないが、どうやらすごい威力なのだろう。
心の声が聞こえてくるほど、NOスタッドレスNO四駆の私たちは奇異な存在だったのだ。

しかしあたしは進んだ。

戻れないなんてありえない。
ありえないのだ。


絶対戻れる。車が進まないわけないんだ。
戻れるんだ。



続く。

0 Comments

Post a comment

What's New