スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽番組が辛いじゃないか

  28, 2009 21:40
年末年始だから、
スペシャルな音楽番組を流しながら自宅作業。

チラリと画面を見る。

そうすると、
その会場に

歌を聴いて、
その人を見て、
感動して涙を流している人がいる。

もう、あんなふうには、
志村を見ることはできないんだと
思ってしまう。


会場に染み渡る声、とか

たとえば歳をとって、
あの名曲を、ピアノで、とか
アンプラグドで…とか

友人が、
伝説になっちまったと言った
ある人が、
死ぬ時の楽しみができたと言った
ユニコーンは、
白と黒の衣装を身につけていた

そして
ボイストレーナー佐藤涼子さんのブログでのお葬式の話、
安らかな顔、ファンの声を届けてくれたことを読み
たぶん初めて志村の死を受けとめられた。
http://ameblo.jp/e-ryon2/

つもりだったんだけど。


身近な人のときのそれのように
しっかりとお別れを告げられない分、
そして音楽という巨大な遺産がある分、
急に思い出したように
涙がこぼれる。


ほんとにただの音楽番組で。辛いじゃない。


10月に行ったライブは5周年ツアー。
fuji_live
あえてのユニコーンTシャツを着て
ほんとに浮かれてるあたしである。


東京厚生年金会館。

あたしはここで、最高のタイミングで

「しむらー!後ろー!」
と叫んで、爆笑してもらった。

いやー気持ちよかった。
言っといてよかった。


もうできない。志村には。

だけどなんだか
書いてたら元気になってきた。

うん。



その時のセトリ。

桜の季節
桜並木、二つの傘
陽炎
NAGISAにて
Sugar!!

雨のマーチ
午前3時
追ってけ 追ってけ
サボテンレコード
Anthem
茜色の夕日
ムーンライト
Sunny Morning
DOKI DOKI(PUFFY)
Laid Back
Merry-Go-Round
TEENAGER

En
Sufer King
銀河

- 2 Comments

羽柴真希  

辛いよね

わかります。

自分の中の「愛」カテゴリに殿堂入りしたのよ。

2009/12/29 (Tue) 11:24 | REPLY |   

かものはし(蒻)  

⇒羽柴真希

あ。。真希そいえば・・・
ありがとう。
あーそっか殿堂入りかー

なんか、若いバンドゆえにとにかく新曲が楽しみだったんだよねー
早えよ!!!

ありがと!!!

2009/12/30 (Wed) 00:18 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。