スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストノート。ふたご座の旅

  14, 2009 23:51
ふたご座流星群観測の旅。

本来は今夜が最高の条件ではあったのだが、昨夜行ってきた。

関東一円はどこも曇り。

どこへ行くか。

どこへ行っても曇りなら、雲を超えるしかない。

そんなわけで富士裾野へ。

車で行ける五合目の高さは2400くらい。

超えられるかもしれない。

と車を走らせる。

結論から言うと流星群を見ることはできたが、雲を越えることはできなかった。

五合目への道が閉鎖されていた。
なものでおそらく、1500くらいまでしか行けなかったのだ。

五合目まで行けたとしても雲を超えられたかどうかは不明だが。



雲は空一面を覆っていたが、
時々ぱくりと口をあけて星空を見せてくれた。

車の、ボンネットを超えてルーフの上に寝転がり、
視界をすべて星で埋める。

いつもの流星とは違う、流星群らしい特徴のある流星たちが流れる。
特徴については昨夜知ったばかり。
やっと流星群を見にこれた。

2時、3時頃から見始めて、
気がつけばもうすぐ6時。

もちろんずっとルーフに寝転がっていたわけではない。
凍えてしまう。
車内で寝転がって窓から見上げたり、
扉を開けて頭だけ出したり、
曇ったら休憩。
最後の仕上げにルーフに上る。

あちこち流星だらけで大忙し…というわけにはいかなかったが、
昨夜でき得る限りの好条件で見れる限りの流星を眺めた。
数えてりゃよかった。
でも数えるのも忘れてしまうほど、夢中に見た。

次の、大きな流星群は1月上旬のしぶんき座。
クセになるなこりゃ。


レンタカー返却まで残り2時間!!
富士から新宿までぶっとばして帰る。
futagoza
ラストノート。
そう思った。

香水の香りを楽しむようにドライブを楽しむ。
トップ。運転と音楽と会話。
ミドル。星空、ゆっくりと夢中な時間。
ラスト。刻々と白む空。

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。