足跡が見てる 3

  31, 2009 21:27
まだまだまだ、足跡が見てる。

土煙や、スモッグや、砂嵐の向こうから。

右足を出すあたしのさまを。

左足を出すあたしのさまを。

あたしはあたしの足跡に笑われることのないように

新しい足跡を残す。

新しい足跡たちは、

そのままその足を上へと押し上げる。



すべてが単なる思い込み。

足跡はあたしを押し上げたりなどしていない。

本当はただの、ただの足跡。

しかしその思い込みが

茨の道に足跡をつける唯一の原動力。

誰もがそうしているように、

あたしは茨を踏み続ける。

血が固まって、靴になってしまうまで。



赤い靴なら

二度と脱げることはないのだし。



何故人生は茨の道に例えられるのか。

そこに美しい花が咲くからだ。
<

0 Comments

Post a comment

What's New